ペット サプリ 肝臓

watasi

うちのペットは肝臓が弱いらしく、薬もバレてから食べなくなりました。

 

そこでネット買ったサプリメントを食べさせてみました。

 

普通に食べてくれました。

 

癌予防にもなるそうなのでこれからも続けていこうと思います。

 

現在は2位まで上がってきてますね。

内側美犬
内側美犬 世界20ヶ国で特許を取得。皮膚炎、かゆみ、涙やけ、毛つや、体臭、体内環境改善、ストレス緩和、病気予防他、美容保持、免疫力のサポート 体力衰退・食欲減衰の改善等があげられます。
※ペットが食べなくても安心。商品到着から7日以内なら解約OK。

 

⇒ 『内側美犬』公式サイトはこちら

価格 容量 評価
初回お試し540円(税込)送料無料
2回目以降4,104円(税込)送料無料
1箱30包 ペット,サプリ,肝臓
毎日爽快
毎日爽快 ペットは生成される酵素の量が限定されている為、他の様々な食物から効率的に酵素を取り入れることが必要と言われています。また、それと同時に腸内で食べ物が腐敗しないように、腸内環境を日頃から整えることで虫歯、歯周病の予防にもつながります。
※ペットが食べなくても安心。商品到着から30日以内なら全額返金保証で解約OK。

 

⇒ 『毎日爽快』公式サイトはこちら

価格 容量 評価
初回980円(税込)送料無料
2回目以降2,498円(税込)送料別
1袋60粒 ペット,サプリ,肝臓
キングアガリクス100
キングアガリクス100 自然露地栽培の中、無農薬で栽培された「高品質キングアガリクス」を100%使用しているため、体の小さなワンちゃん、ネコちゃんにも安心して服用できます。

 

⇒ 『キングアガリクス100』公式サイトはこちら

価格 容量 評価
6,000円(税別)送料別 1袋30粒 ペット,サプリ,肝臓

サプリメントの利用状況

ペット左

サプリメントを利用している飼い主は、近年ますます増加傾向にあります。

 

近頃、手軽に手に入るようになったのが、ビタミン、ミネラルだけでなく、グルコサミンや乳酸菌などです。

 

錠剤、カプセル、顆粒、ドリンクタイプのビタミンやミネラルのサプリメントを、日頃から利用している飼い主も非常に多いといいます。

 

国民栄養調査によると、全国で2割程度の人が常にドクターズフードやサプリメントなどを愛用しているそうです。

 

ネットの情報提供会社による調査では、1回でもサプリメントの利用経験がある、と答えた人は全体の8割にもなったといいます。

 

獣医さんにすすめられてという回答が、サプリメントの利用のきっかけとしては、たくさんあったようです。

 

インターネットで知って、家族や親族から薦められて、という回答もけっこう多かったようです。

 

最近増えているのは、肝臓などの内臓の健康にサプリメントを使う飼い主です。

 

ある調査を国立健康・栄養研究所がしたところ、肝臓が悪くなってから、ペットにサプリメントを与えているということも分かりました。

 

少なくないのが、病気の予防や健康増進を目的として利用する人もいれば、サプリのような肝臓の健康に良いとされるものを利用している飼い主です。

 

サプリメントに関する調査から、日本国内で広く利用されていることがわかります。

 

興味や関心を持っていても肝臓の健康までは目が届かない人にも多く、サプリメントを今後もますます利用する人が広まっていくのではないでしょうか?

サプリメントと知識

ペット右

酵素や乳酸菌は、サプリメントから取り入れることの多い栄養素の1つとして挙げられます。

 

肝臓の調子を整える作用が、酵素には期待されています。

 

体を酸化させないために、抗酸化作用があるサプリメントから摂取する人も少なくないようです。

 

疲れ目や目の乾燥に効果があるとされているビタミンには、ビタミンA、D、B2、B12があります。

 

サプリメントを購入する時は、材料の表示をよく読み、天然成分で作られたサプリメントか、合成成分で作られたサプリメントか、しっかり判別してから選びましょう。

 

天然の原材料から作られたサプリメントであれば、合成成分から作られたサプリメントより速やかに体内に吸収され、肝臓にも優しいでしょう。

 

ビタミンの種類によっては、水溶性のビタミンのように、こまめに摂るほうが、より効果が高いケースもあります。

 

脂溶性ビタミンは、摂り過ぎると良くない性質を持っているので注意が必要です。

 

水溶性ビタミンといえば、ビタミンCがよく知られていますが、ビタミンB1、B2、B6も水溶性に含まれます。

 

一方、脂溶性のビタミンとして主なものはビタミンA、ビタミンE、ビタミンD2、ビタミンD5、ビタミンKなどが該当します。

 

ある種のビタミンは、別のビタミンや別の物質と一緒に飲むことでその作用をアップすることができることがあります。

 

肝臓について基礎的な知識を仕入れた上で、サプリメントを賢く使えるように工夫してみてください。

 

とはいえ、現実にはそこまで知識を追求するのは難しいです。

 

そこでおすすめするのが上記のサプリメントです。みんな天然素材で製造されネットでの評判もいいものばかりです。

ペットの肝臓とサプリメント

機能は少なくとも500以上はあり、数ある内臓の中でも最大の臓器といわれている肝臓は、腹部右上にある内臓です。

 

休むことなく毎日働いて、エネルギー生成や解毒をしてくれているのです。

 

肝臓はトラブルを抱え込んでも初期症状の段階ではほとんど自覚がなく、沈黙の臓器とも言われます。

 

負担を肝臓にかけているペットは、遺伝によるもの、先天性によるもの、中毒性によるものなどだそうです。

 

普段からサプリメントなどでしっかり守っておく必要があるのは、肝臓のトラブルは自覚症状が出てからでは手遅れだからです。

 

ウコン、マリアアザミ、肝油エキス、レシチン等が、肝臓を守るとされる栄養成分としてあげられます。

 

ゴマに含まれているセサミンも肝臓には効果があると言われている栄養成分である為、サプリメントとしても人気の商品となっています。

 

おすすめなのは、予防にはウコン、既に肝臓に障害があるペットはマリアアザミと使い分けることです。

 

摂取を上手にしなければ、サプリメントは悪影響を反対に及ぼすこともあるので注意しましょう。

 

肝臓で分解され、体外に排出されるのが、ペットが過剰摂取してしまった不要な栄養素や添加物です。

 

肝臓の仕事が、サプリメントの摂取を誤るとが増え、負担が余計にかかってしまうといえます。

 

ペットの肝臓に負担な成分重複による過剰摂取が起きていないかなどを、数種類のサプリメントを使っている時は必ず成分を確認し、確認することが大切ではないでしょうか?